LiDARセンサーメーカー、Innoviz Technologies の技術・特許とは

□企業

イスラエルのLiDARメーカー。

https://youtu.be/-weIawpafrc

自動運転車用ソリッドステート型 LiDAR(Light Detection and Ranging)技術を開発する Innoviz Technologies が、これまでに発表されていたシリーズ B ...

 

 

□Patent

米国特許出願があり、LiDAR技術関連が多い。

US20180100928A1 では、レーザーを複数配置し、同時に複数の箇所を検出する高精度のLiDAR技術を出願している。

開発時期は、2016年くらいからであると、特許の出願日から推測される。

seesaa_profile_iconクリックしていただくと、
自動運転車に関する動向(技術・企業・特許)をご覧いただけます。

空飛ぶ自動運転車に取り組む2つの動き

地上を走行できるクルマが、空も飛ぶことができる技術にフォーカスする。

例えば、

エアバスとアウディがタッグ! 空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化Techable空を飛び、地上も走る自動運転車「Pop.up」が進化. エアバスが、モジュラー式の空飛ぶ自動運転車「Pop.up」の構想を明らかにしたのは昨年3月のこと。それから1年、その進化 ... ご存知のとおり、エアバスは空飛ぶタクシーを開発中で、アウディ自動運転やバッテリー分野で技術を積み上げている。また、イタルデザインは ...

「空飛ぶ自動車」の開発企業Terrafugia、ボルボ親会社の中国企業Geelyが買収CNET JapanすでにGeelyの支援を受け、技術者チームの規模を3倍に拡大させている。 ... なお、空飛ぶ自動運転車はTerrafugia以外に、AirbusやAeroMobilも実現を目指し ...

今回は、UBERボーイングが取り組む空飛ぶタクシーを対象外とした。飛行機型で、地上を走るものではないから。
seesaa_profile_iconクリックしていただくと、
自動運転車に関する動向(技術・企業・特許)をご覧いただけます。

フランス政府の目指す完全自動運転車VEDECOM

フランス政府が設立した市民団体。

企業HP によれば、ルノープジョーシトロエン・OPEL、などからなるPSAグループ、ヴァレオ、コンチネンタル、等が参加していることになる。

商用車の完全自動運転車(レベル5)を目指す。

自動運転技術、センシング技術などと、クルマを監視カメラで管理するシーンなど
便利な未来、スマホで呼ぶとVEDECOMブランドの無人自動車が迎えに来る

Patent

VEDECOM の特許は、フランスや米国、などに出願されていた。
完全自動運転車向けの特許出願お公開は現時点でない。ただし、自動車の電子部品の熱耐性を高める封止技術があることがわかった。

  • WO2016/083224 技術の詳細
    • ポリマー材料中の電子部品の封止技術
    • WO2016/083224 の書誌
      • 出願番号: 15/527944 (出願日(遡及): 2015/11/19 )
      • 国際公開番号: WO2016/083224 (国際出願日: 2015/11/19 )
      • 出願人(権利者): UNIVERSITE DE CERGY PONTOISE, INSTITUT VEDECOM
    • WO2016/083224 のFamily
      • 1. CN107109062(A)-
      • 2. EP3224320(A1) 
      • 3. FR3029205(B1) 
      • 4. US2018312640(A1)
seesaa_profile_iconクリックしていただくと、
自動運転車に関する動向(技術・企業・特許)をご覧いただけます。

トポゼンス(TOPOSENS)

トポゼンス(TOPOSENS) は、ドイツ ミュンヘンにある企業で、3Dセンシング技術がある。

HPへ;トポゼンス(TOPOSENS GMBH)

Toposens Automotive DevKit Demo

LiDARの安価な代替技術ドイツのスタートアップ企業Toposensの超音波を利用した3Dセンシング技術LiDARを置き換える?コウモリからインスピレ―ション得た超音波式3D検知システム(出典;Engadget )

Patent

保有技術を特許出願ベースで分析すると、

送信機1つに4つの(3つ以上)の受信機で3次元での位置を特定できる技術で、アルゴリズムに特徴がある技術を保有

送信機と受信機の配置を工夫し、受信機は異なる定められた位置に配置し、各受信機に到達する送信機の信号から、対象物の3D位置決定する計算方法。

送信機の信号は、LiDARが光であるが、トポゼンス(TOPOSENS)の技術では、電波、電磁波、光、などのいずれでもよく、送信方法を限定した技術ではない。

特許サンプル

  • PCT/EP2016/051905、WIPO 出願日: 2016/01/29
  • US201615558931、出願日: 2016/01/29
  • 他。計7カ国に出願がある。
seesaa_profile_iconクリックしていただくと、
自動運転車に関する動向(技術・企業・特許)をご覧いただけます。

車線逸脱防止支援、3社の違い

自動車が走行中に車線を逸脱することを防ぐ機能で、運転者の操作を支援する技術のことを示す。

トヨタ、日産、マツダ などの自動車メーカーの多くが商品化済みである。

機能名、機能内容は、各社異なる。

機能は、基本、逸脱時に、警告音が鳴ったり、ハンドルがぷるぷる震えたり、ハンドルを自動制御、自動操舵したりする機能。

トヨタ、レーントレーシングアシスト

日産、LDP(車線逸脱防止支援システム)

マツダ、LAS(レーンキープアシストシステム)

seesaa_profile_iconでは、調査した特許動向をご覧いただけます。

車線逸脱防止支援の特許出願をトヨタが活性化した年?

自動車が走行中に車線を逸脱することを防ぐ機能で、運転者の操作を支援する技術のことを示す。

トヨタ、日産、マツダ、など自動車メーカーが、技術開発(特許出願)に取り組んでいる。

ここでは、トヨタにフォーカスし、パテントマップを示す。

2015年から出願が活性化していた。

最近公開された出願サンプルの技術内容を見てみた。

車線数の減少に伴う逸脱防止の技術で、「車線数の減少」という特殊事情の技術課題に適用する技術を開発していることが分かった。

以下マップ等を参照してください。

トヨタ

センシング・制御・操舵の3機能

  • 車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、白線(黄線)を踏み越えそうな場合、ブザーとディスプレイでお知らせる技術。
  • 追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール)、車間距離を一定に保って、ついていく技術
  • ハンドル操作サポート(レーントレーシングアシスト)、車線の中央を走るようにハンドル操作をサポートする技術。

パテントマップトヨタの逸脱防止技術(日本特許)

コメント;2015年から開発強化されている

最新の特許サンプル

自動運転の技術開発の活性化を示す特許出願傾向とは

活発化は、2015年からだった。
自動運転技術開発の状況を測るために、自動運転関連 日本特許出願数推移 をグラフ化してみた。