自動運転自動車「ニュース掲載ワード」ランキング

「ニュース掲載ワード」ランキング

自動運転自動車の日々のニュースを捉えた「ニュース掲載ワード」をランキングしてみました。

対象は、アナリスSite別館です。

seesaa_profile_icon

「自動運転自動車」の世界

「自動運転自動車」のニュースが毎日飛び交うようになっています。

このようなニュースをキャッチし本サイトに掲載する中で、無人

よる自動走行車が走る時代が近づいていると感じるようになりました。

「まだまだ先のこと?」と思っていた1年前とは、ガラリと変わり、

ニュースの数と質が変わってきていること思います。

自動車メーカーは、無人化を目指しつつも法整備がなされていない現在、

手動運転と自動運転の切り替え可能な自動車を開発し、徐々に自動運転の

機能を増やしていく技術開発戦略をとっているようです。

自動車メーカーが自動運転機能を増やす理由は、より安心・より安全を

目指し、事故が減らすためだとしています。

スバルのアイサイトで有名になった「衝突防止」機能。その機能は、も

はや、スバルだけのものではありません。

名前は違えど、トヨタ、ホンダ、日産、そして、海外メーカー、がその

機能を搭載した自動車を発売しています。

「衝突防止」機能を搭載することによって、事故が減ったというデータも

あります。そのデータをみると、当たり前のことと思いました。

https://clicccar.com/2016/01/26/351215/

衝突防止機能って、衝突しそうな時だけしか機能しないので、普通の運転

時に悪さをすることはほぼないからで、逆に、事故を起こしそうなときに

事故が減るので勿論、事故が減るというデータが取れるのは当たり前とい

うことになります。

一方、事故の原因になるのが、自動運転自動車だとする記事があります。

自動運転という知らないものが、誤動作をするであろうという懸念からの

記事です。テスラが事故を起こした。Google自動運転自動車が事故を起こ

したという記事があります。

それはまだまだ未熟な自動運転機能に対し心配する記事です。

ただし、その記事を読んでみて思うのが、確かに未熟さがあるのを感じる

部分がありますが、むしろ、かなりのレベルに自動運転機能が出来上がっ

てきていることを感じました。

理由は、走行距離が膨大に走っている中でのことです。また、事故が起こ

った背景に無謀な運転をする人の存在があったからです。スピード違反を

する運転手がいたり、無理やりに追い越そうとする人が運転する自動車が

いるからです。

仮に、自動運転自動車だけで走行する専用道路をつくったとしたら、事故

発生はどうでしょう?人が運転する自動車がゼロになれば、確実に事故が

減ると思いました。その理由は、自動運転自動車同士のルールをつくり、

例えば、走行する自動車同士が通信でコミュニケーションを取れるように

すれば、例えば、追い越し走行する前に、追い越してくることが把握でき、

事故を起こさない対処ができます。様々なことで事故を減らせることはほ

ぼ確実です。

しかし、公道で自動運転自動車の専用道路ができるのは、まだまだニュース

もなく、だれもそれを実現しようと動いていないと思います。

公道では難しいので、私道、つまり、私有地で自動運転自動車を動かす動き

はあります。法規制にかからなく、すでに自由にできるからです。

日産自動車の工場では、自動運転のバスが走行しています。無人だそうです。

日産は、すでにサービスとして、自動運転自動車を走らせています。日産に

してみれば、無人車の実験データを集める方法として行っているのでしょう。

勿論、日産だけのことではなく、トヨタをはじめ、様々な自動車メーカーが

自動運転の試験走行をしていて、路面の違いのデータであったり、天候によ

る違いのデータであったり、様々な無人走行時データをとっていることと思

われます。

2015年くらいの自動運転自動車のメインプレーヤーは、Google、それにト

ヨタ、日産、GM、などの自動車メーカーやUBERなどの配車サービス企業が

少ないですがニュース記事がでていました。それに法整備をしようとする動

きなどのニュースもありました。

まだまだ、そのような未来があるのかなーというくらいの雰囲気を感じまし

た。無人による自動走行車が走る時代は、近づいているとは思う一方で、先

の先という感触でした。

また、「U-BER」が自動運転自動車に興味を持っているというニュースがあ

ったり、単にクルマの市場だけのことではなくなってきている雰囲気もあり

ました。

スマホで呼べばすぐ迎えに来るハイヤーのようなサービスです。あっという

まに、日本にも上陸し銀座近辺でサービスをしているようでした。

この市場立ち上げの仕掛け人は、Googleだと思われます。

米国で走行実験を進めていて、公道での走行距離を延ばし、人工知能の学習

を進めたGoogleは、カリフォルニア州での公道実験を繰り返し、商用化の実

力を見せつけているいるようで、自動車メーカーの仲間入りをするのではない

かとのニュースに書かれていました。

その後、Fiat Chryslerと提携し、他の米国の自動車メーカーにも協業を呼び

掛け提携先を増やす作戦に出て、現在では、Google自らが自動車メーカーに

なることはないといわれています。

一方、自動車メーカー大手は、Googleが持ち込んだ流れを受けて、トヨタ

日産、GM、などがすぐに追従をしてきています。むしろ、主導権を握ろうと

技術開発を進めています。

トヨタは、人工知能の研究を行う子会社を作り、かつ、大学と協業しました。

日産は、自動運転機能を搭載した新型セレナを他社に先駆けて発売しました。

ブランド戦略ともいえますが、テストマーケッティングともいえます。

GMも勿論取り組んでいます。

遅れていたホンダは、2016年12月にGoogleと提携した。

これにより、トヨタや日産に対する遅れを大きく取り戻すことが予測される。

このような自動運転自動車の覇権争いが激化していて、遅れた企業が提携で

遅れを挽回するなど、企業ごとの戦略性が問われる状況がある。

それに対し、実用を阻む壁があります。道路交通法です。

国によって異なるようですが、基本「無人では公道を走れない」という法

律があります。

法整備が整うまでの間の製品は、自動運転支援と称し無人ではなく有人を

基本とした、「自動運転モード」に切り替え可能なものになります。

自動運転技術のレベルには、0、1、2、3、4が定義されている。

レベル4が完全自動運転で、無人が可能というもの。

レベル3は、緊急時のみ人、換言すれば、緊急時以外は自動運転というもの。

BMWは、レベル3の技術を保有しているという記事があります。すべての

公道を走れるだけのレベル3なのかは疑問がありますが、実用化が近いこと

はわかります。

日産は、新型「セレナ」を日本ですでに発売。道路整備が行き届いている、

高速道路のみに限定した自動運転機能を使うように設定されています。

ただし、このレベルの技術は、トヨタもすでにあると思われます。

オートクルーズ機能や自動駐車機能などは、CMになっているように、実用

化されています。

技術レベルは、まだまだ、これで終わりません。レベル4の完全自動運転

が来ます。商用化時期は、2025年といわれたり、2020年といわれ

たり、どんどん早まっています。

最後に、自動運転自動車は、IoTのブームが来ている中の最先端技術を搭載

しているのではないかと思っています。機械的に動くものを動かすAI技術

で、かつ、人間とコラボレーションするAIを目指している商品は、稀です。

なので、IoTに取り組む産業機器メーカー、家電機器メーカー、医療機器

メーカー、など様々なメーカーが、自動運転自動車の技術に着目している

と思われます。

今後も継続的にウォッチしていきます。

皆さん、このサイトに来てください。

by アナリス

続)全自動衣類折りたたみ機「Laundroid」の特許

前回出願書誌だけを紹介した、出願番号: 2011-537128 (特許5317239)の中身を見てみた。

まずは、4つの図面をみて欲しい。技術が想像できる方もいるだろう。

服の折る場所が示された図。

JPA1015198791_000013.gif

折る手順が示された図。狭持版を服に当て折っていく。

服を把持する部分が服を押さえ垂れ下がらせる。

JPA1015198791_000021.gif

折る手順。検出とは、内蔵カメラからの画像を使い、服の個々の位置を検出などの画像認識によるもの。

JPA1015198791_000016.gif

把持する手のような存在。

JPA1015198791_000008.gif

このように、挟持板、把持部、カメラ、などの内部構成部品が動作しながら、

服の折る位置が適切になるように内蔵カメラの画像を処理して検出し、

挟持板の服に当たる位置を調整し折る。それを繰り返しながら一連の作業を行い、すべて折りたたむというもの。

イメージを掴めたでしょうか?

----------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_icon動向調査サイト


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

------------------------------------------------------------------------------------------

全自動衣類折りたたみ機「Laundroid」の特許群

「Laundroid」のセブン ドリーマーズ の特許群が分かった。
特許群のマップと基本特許を紹介する。
驚いたのは、パナソニック大和ハウス工業との共同出願。
パナソニックからの商品もそのうち出てくるのかもしれないと思った。
セブン.png
特に、折り畳み機の基本構成を権利化した特許を紹介する。
特許番号: 5317239

出願番号: 2011-537128 出願日: 2010/10/15  国内優先権主張日: 2009/10/19

権利者: sevendreamerslaboratories、パナソニック大和ハウス工業

出願人: セブンドリーマーズラボラトリーズ,インコーポレイテッド

なぜか、出願人がカタカナに対し、権利者がアルファベット、会社名をアルファベットに変えたのかな???

-----------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_icon動向調査サイト


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。

------------------------------------------------------------------------------------------

新たな家電、全自動衣類折りたたみ機「Laundroid」

Laundroid」をTVでみました。
グチャグチャに放り込んだ衣類を折り畳んでくれるロボット。
衣類の種類も問わず、その識別をして分類し、それぞれにマッチした折り方をする模様。
セブン  ドリーマーズ  ラボラトリーズ のHP
https://laundroid.sevendreamers.com/about/
PR動画
ついにできたんだというくらい、待望の商品だった。
大発明?特許も調べてみる。
-----------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_icon動向調査サイト


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------------

ハンドルを自動操作する衝突防止機能の特許マップ

レクサスが世界初で搭載した衝突防止技術は、ハンドルを操作するというもの。
その特許出願マップを作成したので紹介する。
スクリーンショット 2017-07-22 19.46.49.png
 ※ 検索式=操舵」*「衝突」(日本、公開&登録)
トヨタ自動車の特許出願が40%を超える。
2004-2007年に出願数がピークだったようで、
それから10年がたち、技術の完成度が高まって、製品搭載に結びつけたものと予測される。
-----------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_iconリックすると、

「自動運転」動向調査サイトへ


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------------

世界初,、ハンドルを自動操作する衝突防止機能

その世界初の機能を搭載したのは新型「LS」のレクサス。
003_jp_l.jpg
------------------記事--------------------------------
レクサス、新型「LS」日本初披露=11年ぶり全面改良、今秋発売
自動ブレーキだけでは衝突回避が難しい場合、ハンドルを自動操作して衝突防止を支援する機能を世界で初めて搭載した。日本仕様車には、海外に先駆け、高速 ...
--------------------------------------------------
トヨタの特許出願で「操舵」*「衝突」で検索してみたら、特許出願があった。
しかも、1件、2けんではない、多く!
技術が積み上げられていることが推測された!
------------------------------------------------------------------------------------------
seesaa_profile_iconリックすると、
「自動運転」動向調査サイトへ


研究開発(R&D)の戦略立案にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------------